更年期の男は身体が冷える安くなる!歳をとって冷え性になった男性は注意!

女性に多い症状として認識している人も多いかと思いますが、冷えは男にも多いんです。管理人も冷えに悩まされている男の1人です。

女性に冷え性が多いと言われるのは、無理なダイエットや筋肉量が少ないからだと言われています。運動不足が冷えの元と言われているのも一緒です。

人間の体は熱が不足してしまうと、身体の外側より内側を温めようとしてしまいます。だから、身体の外側である手や脚から冷えてしまうんです。

また、冷えは免疫力を低下させてしまい、身体の不調や生活習慣病の原因となっています。風邪をひいたときなどは熱がでてウイルスを撃退してくれるわけですが、慢性的に冷えの人はその免疫機能が低下している状態ということです。

初老男の冷える原因

手足や足先が冷える原因、冷え性になってしまっている原因を知っておきましょう。

腰痛が冷えの原因

下半身の冷えは神経が血管を占めていることが原因で、腰痛の人や腰のコリが激しい人などは血液が流れにくく、冷えにつながっているんです。

基本的に人間の体の熱(体温)は血液によって保たれています。血液が末端まで巡回してくれているから体温は保たれているんです。血液の流れが悪くなり末端までしっかり循環しなければ、その部分の体温が低下するのも当然なんです。

また、この腰が原因で脚が冷えてしまうタイプは男性に多いのも特徴です。

低体温が冷えの原因

当然ですが、体温は身体の冷えに深く関係しています。例えば、平熱が低い人であれば、それだけ身体の内部の温度が低いということになります。先程も説明しましたが、人間の体温は内部の方が重要で優先されます。

つまり、身体の内部が冷えている人(平熱が低い人)は手足と言った末端まで熱を渡す余裕がないんです。

自律神経の不調が冷えの原因

人間の体温は血液によって運ばれ、保たれています。そして、血液の収縮を担っているのが自律神経と呼ばれる神経です。この神経は人間の意思で意図的に操れるものではなく、勝手に動いてくれている神経です。

そして、血管には自律神経には2つあり、交感神経と副交感神経に別れています。両方とも血管の外側に存在しているんですが、簡単に言うと、交感神経が働いている時は血管は収縮し、副交感神経が働いている時は血管が拡張します。

血管が拡張している時は血流もよく、血液がしっかり循環できているので熱を運べます。しかし、交感神経が頻繁に働いていると、血管を収縮させているわけなので、血流が悪くなり冷えへと繋がるんです。

つまり、自律神経のバランスが崩れていると冷えに繋がるんです。

自宅でできる冷え対策

さて、男の冷えの原因を紹介しましたが、続いてはその冷えの対策方法です。生活習慣や運動など健康的な生活が最も重要なんですが、そういった常識的な対策ではなく、冷えのポイントを抑えた対策法を紹介したいと思います。

腰やお尻のツボを押す

ツボマッサージでもありますが、自宅でも簡単にできます。特に背中とお尻(腰辺り)のツボは有効的で、ここを押すだけでも血流が良くなり冷えの改善へと繋がります。

また、腰やふくらはぎ周辺でこっている筋肉を解すことは重要になります。筋肉のコリとは筋肉が硬くなっている状態です。つまり、血管が圧迫されている状態なので、血液がうまく流れることができず冷えへとつながっています。

下半身の冷え、足の指先の冷えが激しい人は腰・ふくらはぎを中心に筋肉のコリをほぐしましょう。

とにかくお腹を暖める

「お腹を冷やすと風邪をひく」と昔から言われていますが、これは身体の仕組みからしても科学的に証明されています。例えば発熱を起こした際に、身体の体温を下げるために1番有効なはお腹を冷やすことです。

よく氷枕や冷えピタなのでおでこや首元を冷やすことが多いと思いますが、体全体を冷ますということで言えばお腹の方が効率的なんです。頭のあたりを冷やすのは重要な脳を高温にさせないためなんです。

これは逆もしかりです。

手先や足先が冷えているのであれば、とにかくお腹を暖めることから始めましょう。お腹を冷やすことは冷え性にとってもっともNGな行為だと思ってください。

最近ではユニクロのヒートテックが素晴らしい保温技術をもっている衣服として有名です。また、今ではヒートテックのパンツやタイツなども販売してあるので、足元の冷えが気になる人は上手に活用しましょう。

朝食を食べるようにする

人間が普通に生活する中で最も体温が低下しているのが寝起きの朝です。熱が出たときでも朝に体温を測ると下がっていたという経験をしたことがある人は多いと思います。

しかし、昼以降からまた熱が上がるといった完治していなかったパターンもあるあるな話です。

日常生活では朝は体温が基本的に低くなっています。つまり、この状態を脱却しなければならないんですが、もっとも効率的なのが
ご飯を食べることです。

とにかく胃腸など内蔵を働かせることが体温の上昇になるんです。ちなみに、寝起きの体温が低いのは内臓もスリープ状態になっているからです。

特に朝食では卵や豆腐などのタンパク質を積極的に摂るとエネルギーに代わり熱を発しやすくなり冷えの予防になります。また、ショウガや唐辛子なども代謝が高まるので、これも内蔵の熱をあげるために有効な食材です。